高反発マットレスは、低反発に比べると様々な部分で違いがあり、寝心地についても大きく変わってくることになります。一体どのような違いを持っているのか、そして利用することによって、何が変わってくるのかを知っておくことも、大事なポイントとなっています。導入したいと思っている方は、寝心地についての理解も大切になります。

高反発マットレスは寝心地が悪いって本当?

低反発マットレスの場合、沈み込むような感じになりますので、これが圧力を分散してくれるメリットがある反面、違和感を感じて寝心地が悪くなるケースもあります。高反発マットレスは、その逆になると考えてもらえばわかりやすいです。硬いものでしっかり圧力を分散して、体が沈まないような感じに眠ることが出来るので、寝心地が悪いということではありません。

ただ、高反発マットレスというのは、硬いものが多くなっているので、床の上で寝ているような雰囲気があるかもしれません。スプリングはかなり硬いものが導入されていて、体重を支えられるような仕組みになっているので、もしかしたら硬いと感じて、眠りづらい部分が生まれることもあります。寝心地が悪いという話は、全く嘘と言えることではあります。ただ、人によってその感触は変わってくるものですから、もしかしたら眠りづらいなと感じることはあるかもしれません。反発力が高いので、低反発が合わない人には、高反発マットレスの方が眠りやすいです。

高反発マットレスの硬さには慣れが必要?

スプリングを多くすることによって、高反発マットレスは硬いものに作られています。一応少しだけ沈むような雰囲気はあるかもしれませんが、かなり奥まで沈んでしまうようなことは一切ありませんので、硬さというのは感じやすいかもしれません。この硬さには、一応慣れが必要であり、最初のうちは違和感を感じるかもしれません。

特に、低反発マットレスを利用していた方が、高反発マットレスに変更したときに、違和感をかなり感じやすくなってしまいます。この硬さで、何か沈むような部分が無くて、硬いものの上に寝ているような気分になります。その硬さには、ある程度の慣れが必要になっていて、すぐに何とかできる場合と、そうでない場合があります。高反発マットレスと低反発マットレスの違いについても知っておくと安心ですね。 結構辛いと感じている場合でも、1ヶ月程度それを利用していくと、徐々に慣れてくることになります。高反発マットレスと言っても、硬さがそこまで無い商品もあるので、違和感を感じることが無い場合もあり、これは人それぞれです。

寝心地の良い高反発マットレスとはどんなマットレス?



寝心地をよくしてくれる高反発マットレスについては、スプリングの硬さが適切で、硬いという印象を持たせてくれないものになります。本来高反発マットレスの場合は、スプリングをかなり硬くしているのですが、その反発を適正なものにして、数を増やすことで高反発を実現しているなら、硬さを感じることなく眠ることが出来ます。

また、体に硬いという印象を、高反発マットレスだけでも感じないようにしているものが眠りやすいです。ちょっと沈むような感じで、素材によって柔らかさを感じられるようになっているなら、寝心地はかなり良くなります。こうしたものを利用していくと、眠りやすさがアップします。

圧力が分散されることによって、床とは違うものの上に寝ているような雰囲気があるなら、それは高反発マットレスによって眠りがうまく作られている証拠です。あまり反発が強くならないもので、なお且つ1箇所に集まっているような感じが無ければ、寝心地のいい高反発マットレスとなります。

高反発マットレスの作りも日々進化

高反発マットレスというのは、硬いから眠りづらいとか、反発する部分が1箇所に集まりやすいから、圧力によって眠りづらいなんてこともありますが、そのようなことは決してありません。
最近になって、高反発マットレスでも作りを変更しており、眠りやすいものにしているものも沢山あります。硬さには、さすがに慣れが必要な場合もありますので、購入して物によっては、数日程度は違和感を感じるかもしれません。眠りやすいものは、そもそもそうした違和感が生まれることは無いので、快適な眠りが1日目から生み出されることになり、寝起きもスムーズです。

寝心地抜群!オススメの高反発マットレスはこちら

  1. 13層やすらぎマットレスの評判が良い理由は?価格とスペックを詳しく検証
  2. 高反発マットレスで睡眠の質を向上!睡眠改善マットレスランキング